紅茶と教育(No.207)


毎月通っている紅茶教室。

時には誰かにモノを教わることをし、教わる身の気持ちを学び直す時間を作っています。

教わるものは、今まで全く学ばなかったジャンルのものを。

その中で紅茶を選んだのは、おもてなしのスキルを磨くことと、日々の生活にちょっとした彩を加えることが出来るからです。

紅茶の淹れ方は学べば学ぶほど、人の教育の仕方と相通ずるところがあることを知ります。

沸騰寸前のお湯を入れて、一気に流し込み、茶葉をジャンピングさせること

これを人に置き換えたら、こちらのモチベーションを沸騰寸前のもので接し残りを相手に上げてもらうことです。

紅茶の世界更に学んで、生き方の幅を拡げていきます。

たまに、マナビバの生徒に紅茶を出すのですが、結構な評価で、喜ばれています。

頭をリラックスさせるのに最適な飲み物ですから。

ただいま、マナビバは今年度の受験生が全て終え、新しいマナビバ生を受け入れるための

ノウハウの整理と大掃除中です。

そして僕の頭の総整理も。

『行きたい大学・学部合格への』

~合格距離を昨日よりも縮める!~

個別指導学習教室マナビバ福岡は、こちらです。

#マナビバ日記 #塾長日記 #福岡市の個別指導 #マナビバ福岡

最新記事

すべて表示

No.1120

No.1109