No.1381

更新日:2020年6月2日

ジメジメさを感じるほどになって来ました。


季節が一つ変わったのを感じます。


ここからの夏の季節は動植物が大きく成長する季節。


人間も同じように大きく育つタイミングです^ ^





今朝の朝ウォーキング途中の鴨は、定位置にはおらず、3羽で密集しておりました。





多くて4羽いたここの鴨。


あと1羽は??


その疑問で今朝は一杯。



(このご時世での気の緩み平和ボケとはボクのことである。)




さて本日のマナビバ。


新しい1ヶ月のスタート。


それぞれが気持ちよく始め、そして終えられるようにそれぞれのメニューを精査することからスタートしました。


やっていく内容の中身は殆ど変わりませんが、成長度合に合わせてのメニューの調整です。



今月は英検があり、それに向けてのリスニングそして英作文の最終仕上げをする生徒あり。



リスニングは聴くだけなく、喋って、聴く力を磨く。



英作文は、いきなり英語で書くのではなく日本語で書きたい内容の論理構造を整理することからスタート。 


地味な内容からのスタートですが、これが後々の小論文に繋がります。



今月、今週もそれぞれの成長にむけて、トライ、トライ!



【塾長今日のひと言】


先日のクルードラゴンの発射シーン。




何度観ても、感動が止みません。


こんな時、高度物理学を学んでいたら、今とは違う感動があるのだろうなーと思いながら見惚れておりました。



特に発射に使われた機体が無事、海上の基地に帰ってきたシーン









コクピットのスマートな風景に




未来を感じますね^ ^



ちょっと前のコクピットは、




これでしたから^ ^



いらないモノがなくなり、本当に必要なものだけになる。


余分なモノをなくすことこそ、スマートそして豊かさなのだと思えます。


なのだからこそ、



対面式じゃないと単位を上げられないと言っている教育は


、、、、ですよ。



(Fワードですよ。)





『行きたい大学・学部合格への』




大学合格サポート塾マナビバ福岡はこちらです。

最新記事

すべて表示

【慶應合格よっしゃ!】コロナの影響で例年よりも 少ない受験生1人だけ志望の慶應受験でしたが 見事 総合政策学部の合格を勝ち取りました! ラスト1か月は 英語の出来の不安定さに嘆く日々でしたが そんな不安を抱えつつも 悲願達成にお見事です! どう出来たか?など 今年1年指導を受けての感想は 後日教室に来た時にでも じっくりと聞いて こちらで公表します。

ロシアのプーチンが ウクライナに侵攻した。 これは 冗談ではなく 本当に深刻な話。 ソ連が崩壊した後のロシアを牽引してきたプーチンにとって、 ここで退くというのが、1番にないのだろう。 このウクライナ侵攻の落とし所はどこだ? NATOの撤退か? それとプーチンの退場か? どこよりも攻めた情報が知れる アルジャジーラのニュースから 目が離せない。