練習こそ踏み込む。(No.692)


練習の時こそ、基本を大事に。

そして踏み込む時は踏み込む。

面倒臭がらず踏み込む。

今日は一人の生徒の指導を通して、このことを思い口にした。

それは英語での話でした。

何が主語で、何が動詞であるのかの構文読解を大事にする基本。

(単語だけ読みをしない。)

単語数の多い長文で途中解くのが面倒になっても、

回答根拠となるところの文脈をしっかりと捉えること。

しっかりと面倒臭がらずに捉えればちゃんと正解出来るということを

実感してもらいながら説明した。

最初は面倒かもしれないけど、2、3回と回数を重ねるごとに面倒を感じず、

普通のモノとなる。

練習の時こそ、思いっきり踏み込む。

今日はそのことをじっくりとサポートしながら伝えた1日でした。

《塾長今日のひとこと》

来週1週間は駿台模試の最終仕上げ。

一人ひとりに必要なことをトコトン実践です。

『行きたい大学・学部合格への』

大学合格サポート塾マナビバ福岡はこちらです。

#土曜日のマナビバ #マナビバ日記

最新記事

すべて表示

【難関大合格には】(No.1917)

難関大合格レベルまで 持っていくための近道は 小手先のテクニックを覚えることもですが それ以上に 難解な英文であったり 現代文であったりを フルに頭を使って 読み込む この日々を絶え間なく過ごす。 これが1番の近道です。 答えまでの道を説明して解消することは出来ますが それでは大切な考える力を削いでしまいます。 何の意味もないサポートになります。 今日はこのことを1日を通して 生徒に言葉した1日で