top of page

慣れの強み。(No.689)


慣れの強みが働き、一昨日から始めた英語マークのスコアが1人は3ミス、1人は2ミスと得点のスコアを伸ばすと共に回答時間も60分を切ったりと、問題に慣れる中でスピードも含めた回答力が上がってきています。

伸びの実感は僕だけでなく、生徒にも芽生えており、「なぜここがduringではなくて、whileなのか?」など普段あまり質問しない生徒が細かい質問をしたりと、質問の量と内容が細かくなってきています。

伸びと共にサポート内容も細かくなりますので、エネルギーを使いますが、伸びの嬉しさがそれを忘れさせます。

生徒も出し切る。

僕も出し切る。

明日も引き続き、出し切り合い、また一つ上へと飛躍させます。

《塾長今日のひとこと》

目標は具体的に。

『行きたい大学・学部合格への』

大学合格サポート塾マナビバ福岡はこちらです。

最新記事

すべて表示
bottom of page