有るモノを伸ばす(No.507)


「有るモノを伸ばす。」

マナビバが日々サポートしている中で1番に気をつけていることです。

生徒1人ひとりの有るモノを伸ばし、目標を達成する。

無いモノばかりに目をいく指導は、お互い気持ち良く高め合うことは出来ません。

それは良い子なのに悪さをしろと言っているのと同じです。

無いモノではなくて、有るモノに目を向け、その有るモノを伸ばす。

日々コツコツと机に向かうより、一回の授業での実践での理解に集中したい生徒にはその一瞬の理解向上に本気になります。

逆に実践よりも机でのコツコツの復習に集中したい生徒にはその時間を徹底してフォローします。

有るモノを伸ばすと生徒それぞれイキイキと学ぶ姿になります。

それは僕1人だけの目線で確認することなく、生徒1人ひとりとの対話からも見つけます。

これは受験だけに限らず、これからの社会において必要なことだと思っています。

有るモノを伸ばす。

自分自身の持っているモノには素直に認め、伸ばしていきましょう。

ただ卑屈になる時間は勿体ないですよ。

《塾長今日のひと言》

寒さを吹き飛ばす坦々刀削麺。教室から少し歩いた場所ですが、この美味しさ、癖になりそうです。

100人いれば100通りの大学合格サポートを。

『行きたい大学・学部合格への』

大学合格サポート塾マナビバ福岡は、こちらです。

#火曜日のマナビバ #マナビバ日記 #塾長日記 #マナビバ福岡 #大学受験

最新記事

すべて表示

No.1120

No.1109

No.1106