やり切る力(No.427)


「合否を分けるのは、やり切る力の差。」

本番入試での合否を分けるのはやりきる力をどれほど持っているかです。

その過程において、日々淡々とやるのか、ここぞと集中したときにやるのかそれはどちらでも構いません。

ただ両者において、やると決めたものには最後までやりきること。

このやり切る力が結果を大きく左右します。

僕がこの教える仕事を始めたときに1番に思ったことは、成績が上がらない子ほど問題を見た瞬間に解くのを止めていたことです。

まだ条件も整理していないのに投げ出す。

難しいものだと勝手に決めつけて放棄する。

その癖がある子ほど成績は上がりませんでした。

マナビバの日々の指導で伝えているのは、決めたことを最後までやり切ることです。

そして最後までやり切るように日々サポートをしています。

受験本番が近づいてきました。

基本の徹底した復習を1番に、決めたものを最後までやり切るようしっかりとサポートしていきます。

《塾長今日のひと言》

あきらめたらそこで試合終了ですよ。

(参照)『SLAM DUNK』(集英社)

100人いれば100通りの大学合格サポートを。

『行きたい大学・学部合格への』

~合格距離を昨日よりも縮める!

大学合格サポート塾マナビバ福岡は、こちらです。

#木曜日のマナビバ #マナビバ日記 #塾長日記 #マナビバ福岡 #大学受験

最新記事

すべて表示

No.1120

No.1109

No.1106