苦も楽しくなる(No.418)


「応用が解ける喜びを知るとそこまでの苦が止められなくなる」

今日数学をサポートしたある1人の生徒の話です。

数学の関数を解いていました。

まずは基本から解き、その後レベルを少しずつ上げ、最後はソモソモを使わないと解けない応用問題に入るまでいきました。

苦戦し、気落ちしかけていました。

だからといって解き方を示さず、本人の力がないとたどり着けないギリギリのところまでのヒントを出しました。

ヒントを2つ・3つほど使い、無事最後まで辿りつきました。

それで満足せず、その後それと似た問題に立ち向かい、次はヒントなしで最後まで辿りつきました。

その喜びは大きく、2人で大いにガッツポーズでした!

この喜びを知るとそこまでの苦が止められなくなり、苦手意識から気になる科目になっていきます。

応用を解きながら、その分野のソモソモ(基本)を振り返る。

引き続きこのことを意識させながらサポートをしていきます。

今日もそれぞれの生徒は自分の目標を達成するための課題をクリアすることに奮闘していました。

分かるごとにヒントの数を減らし、生徒が最後まで辿り着くのをサポートします。

それは本番での力を最高まで上げるためです。

《塾長今日のひと言》

決めた目標を乗り越えるその道はキツイものもあります。

けど乗り越えた先の喜びは何ものにも変えられません。

100人いれば100通りの大学合格サポートを。

『行きたい大学・学部合格への』

大学合格サポート塾マナビバ福岡は、こちらです。

#火曜日のマナビバ #マナビバ日記 #塾長日記 #マナビバ福岡 #大学受験

最新記事

すべて表示

No.1120

No.1109

No.1106