コツコツを続けて。(No.415)


慶應模試を1人の生徒に行いました。

問題は慶應商2016年です。

2カ月前だと時間が足らずの結果も出ずで、不安な表情がありましたが、今回は時間内で勝負することが出来、英語で7割5分。世界史では8割。数学では6割と良い結果を出しました。(全体で6割5分を超えていたらで勝負できます。)

数学においては、微積で点数を落としたりと課題もありましたが、概念性の高い図形と平面問題において2ミスと良い結果を残しています。

まずは慶應商合格に向けての合格距離があと少しとなってきています。

見えるものをまずは縮めるため、それぞれの分野のソモソモ(=基本)を理解することを大事に応用力も上げていきます。

そして経済学部の合格力も同時に上げていきます!!

SFC志望の生徒もこの1ヵ月での小論文の回答力が上がってきています。民主主義という観点から個人の自由を語る論調など良い味を出してきています。

日頃の小さなコツコツが行きたいところの合格を勝ち取る。

その小さなコツコツが意味あるものなら尚更。

受験本番までの残り数カ月。

この小さなコツコツをしっかり歩むようサポートを続けます。

《塾長今日のひと言》

本番が近づいても焦らず、基本の繰り返しを大切に。

100人いれば100通りの大学合格サポートを。

『行きたい大学・学部合格への』

大学合格サポート塾マナビバ福岡は、こちらです。

#土曜日のマナビバ #マナビバ日記 #塾長日記 #マナビバ福岡 #大学受験

最新記事

すべて表示

No.1120

No.1109

No.1106