生徒の進化と共に(No.331)


早朝のクライマックスを終え、早くも撤収が始まった博多駅の山笠。

2017年の夏のイベントが1つ終えました。

来年の山を楽しみにこの1年を過ごしていきます。

さて、そんな日のマナビバ。

本日もそれぞれの目標達成に向けてのサポートをしました。

お陰様で土曜日も満席となったマナビバ。

生徒1人ひとりの切磋琢磨しながら学ぶ姿を見ながらのサポートは大変気持ちが良いものです。

マナビバでの学ぶ時間をより良いモノにしようと、自分1人で出来る問題は家ですませ、自分1人だけでは厳しいものを質問するようになった生徒がいました。

レベルUPという目標達成に向けて、どうすれば今よりも高い位置へと達成出来るのか考えてきているからこそ、このような変化があります。

当然僕もサポートの仕方を変えます。

「次こんなテストをするから、ここを教室と家で復習してね」など更に伸びるサポートをします。

それは生徒が成長しているからこそ、出来ることです。

初めての時は目の前の1つだけでもクリアするようなサポートをします。

それは色々しすぎて結果基本がぐちゃぐちゃになるようなことを避けるためです。

また変にリードしすぎるのは生徒によっては、弱いモノいじめになると思っているからです。

目標を口にして実行する姿は、目の前の小さなことを達成したからです。

お預かりしている全生徒が目標を口にして実行する姿へとなるよう引き続きサポートしていきます。

目の前の小さなことをクリアした先にあります。

追伸ですが、今週末もここでお昼を済ませ、パワー注入しました。

毎日食べても飽きない味です。

『行きたい大学・学部合格への』

大学合格サポート塾マナビバ福岡は、こちらです。

#土曜日のマナビバ #マナビバ日記 #塾長日記 #マナビバ福岡 #大学受験

最新記事

すべて表示

No.1120

No.1109

No.1106