頼る量を減らす(No.060)


子どもが大人になっていくにつれ、

身につけなければならないのは、親や先生に頼る量を減らすことです。

大人になって、人生が中々上手くいっていない人をみると、共通して誰かに頼りすぎている節があります。

上司が何とかしてくれる。

家族が何とかしてくれる。

友人が何とかしてくれる。

など、

誰かが何とかしてくれることを頼りすぎている人は、上手くいっていません。

逆に日々上手く生きている人は、共通して、今日はこれをしよう。

今の仕事でこういうことをしてみようなど。

自分の力でやろうとする人です。

子どもの親を頼る量を減らす。

それが、子どもを大人へと成長させる上において大事なことと思うのです。

大丈夫です。

産まれてすぐ、あれだけ大きな声で泣いた子どもです。

生きる力はありますよ。

#マナビバ福岡 #集中力 #学習法 #福岡市の個別指導 #子育て

最新記事

すべて表示

No.1122

No.1121

No.1119