現代文の得点を上げるコツ(No.013)


現代文の得点を上げるコツ

それは本を読むと言うことではありません。

(本を読むことがダメだという内容ではありません。)

国語ができない。

現代文ができない。

そういう子に対して本を読みなさいと言うアドバイスがありますよね!?

あれは当たってるようで、当たってはいません。

本を読んでいる子でも現代文ができないことがあります。

それはどういうタイプの事かと言うと本を読みながら、それはどういうことなんだろうと沢山イメージを膨らませる傾向にある子です。

実を言うと僕もそのタイプの1人でした。

国語ができないたびに本を読みなさい。

本を読んでないから悪いんだよと言われました。

けど僕は小学校の頃から図書委員をするほど本は好きでした。

センスがないのかなと思いました。

実はそうではなかったんです。

ただ解き方が悪かったんです。

現代文の得点を上げるコツ。

それは問題文に書かれている、この・そのもしくはこれ・それの指す(指示語)ものを具体的に捉えることです。

例えば“その方法とはなんだろうか?”って聞かれたときにはその周辺に〇〇な方法と具体的に記されているはずです。

そこを見失わないこと。

そしてそのことが書かれているものが選択肢として正解になります。

深く読みすぎるがために間違えるタイプは“そのこの”など指示語が差している言葉を不明確にしているからです。

現代文の得点を上げるコツ。

指示語が差しているものを具体的にするなど解き方のコツを覚えることです。

本を読むことも大事ですけど解き方を割ることのほうが得点上げるのには大事ですよ。

#国語の勉強法 #現代文の勉強法 #学習法 #勉強法 #受験対策 #福岡市の個別指導

最新記事

すべて表示

No.1122

No.1121

No.1119