top of page

生きるスキルと進学率を両立 米国「最高」の教育とはー同意そして読みます!(No.1430)


複雑化する社会で「いい人生」を送るために、子どもに身につけさせるスキルとは何だろうか。自分の子どもを通わせるなら、どんな学校が良いだろう。そんな問いに答えるべく、自ら理想の学校を立ち上げた教育者が米国にいる。本書『成功する「準備」が整う 世界最高の教室』(稲垣みどり訳)の著者、ダイアン・タヴァナー氏だ。



(日経新聞より抜粋)



記事の中では


・「自己主導性」を身につける

・教壇を使わない授業


が述べられています。


まだ著書を読んでいないので記事内だけの話になりますが、2つとも激しく同意します!





・「自己主導性」を身につける。



・「自己主導性」を身につける。


→私塾マナビバ福岡で軸としている指導スタイルは〝アクティブラーニング〟であり、生徒の勉強に対しての主体性を上げるために、〝指導〟という言葉を使わず、〝サポート〟という言葉を使っています。


またボクが全てを決めず、生徒との日々の対話を大事にしながら、受験勉強スケジュールを構築しています。


そうでないと勉強がつまらないモノになりますし、他人任せのモノほど力がつかないからです。


・教壇を使わない授業


→教壇という教えの権威を取り去ることも良いです!特に学びを深めるときには権威の象徴はいらないと思います。


タイムリーではありますが、マナビバ福岡ではボクの机の向きを変えて、上司が部下を監視するような配置をヤメました。





ボクも共に学びを高めるという雰囲気を出しています。





そしてこの本『世界最高の教室』早速読みます!





ーーーーーーーーーー


さて月曜日新しい1週間のスタート


受験生は今週もそれぞれのタスクを消化することからスタート。


何気ないですが、受験はミニテストを各科目続け、それぞれの科目の理解度を高めています。


・解答時間のスピードを高めるべく日々頑張っている生徒が今日良いスピードを見せ始めました。


→この調子で、回答力を高めていきましょう!


・慶應SFCに対して良い慣れがそれぞれ出てきています。


→先日から英語の難易度が高い慶應SFCの問題に対して、SFC志望者の回答力が上がり、良い慣れが出てきています。


当初は難しそうのイメージから、この調子でいけば大丈夫という良いイメージに変わっています。


この調子、この調子で。



【塾長今日のひと言】


朝に事件は起きた。



先ほどにも触れたことですが、、



今週の水曜日にやろうとしたことだったのですが、



水曜日にやるのに足りないモノがあってはヤダ。


そう思い、ダンボール箱を開け、部品等を確認。


この部品はこう閉めればいいのか。



こう展開していけば良いのか。


水曜日の予習を朝イチ番に始めた。




しかし




事件は起きた。



1度火がつくと止めらないこの性格を忘れていた、、



部品を1つ作り、また1つ作り



作った部品の置き場に困る。



仕方ない。



机をずらすかとずらしたのが更に災いし、作業はやめられなくなった。



かかること1時間。




前のこの状態が





こうなった。



途中、電動ドリルで穴あけもした。


(朝イチに英語を解いていた生徒たちには申し訳なかった、)


(→試験中何の騒音があるか分からないという理由で許しをもらった)


(→しかし、それぞれ高得点をマークし、結果オーライ^_^)



水曜日にやることを終わらせてしまった。



まだ高さが微妙なのですが、



マナビバ福岡の新たなる進化です。



この進化は続きます。



ちなみにこれは、





スタンディングかつ





座りもできる机です。




『行きたい大学・学部合格への』

合格距離を昨日よりも縮める

大学合格サポート塾マナビバ福岡はこちらです。

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page