小論文の書き方勉強法(構成よりもインプット)(No.1687)




AO入試また入試科目で必要な小論文。

この小論文において高い得点を稼ぐために必要なのは

書き方の構成より

インプット。

問われている内容に対してのインプット量です。

・です。ます。で揃える。

・問われている内容に対して、自分の考え(結論)を先に書く。

など書き方も大事ですが

それ以上に大事なのはインプット量です。

経済学部志望でありながら、経済学について何かインプットしているだろうか?

医学部志望でありながら、医学について何かインプットしているだろうか?

もしインプットにおいて何もしていないとしたら、どれだけ書き方を磨いても得点は伸びません。

何故なら

・答えを発想するためのキーワードを知らない。

・数多くの受験生と似たような見解になる。

からです。

経済学部志望なら経済学の本は読んでおきましょう。

医学部志望なら医学の本は読んでおきましょう。

特に慶應などの難関大学を受験するのなら、志望学部に関する知識をインプットしておくのは、当然のことです。

小論文の書き方を覚える以上にインプット量を増やして、小論文の得点を上げましょう!

ちなみにですが、

経済学部志望の生徒にはこの本はおススメです^ ^


これも経済学だ!

学生時代に大変お世話になった先生です。経済学について面白く学ぶことができます^ ^

【本日の塾長のひと言】

教室1階のドーナツ屋。

商い初めての人なのだろうか?

一応10年やっているボクとしては、疑問の〝え!?〟が絶えない。

『行きたい大学・学部合格への』

合格距離を昨日よりも縮めよう!

大学合格サポート塾マナビバ福岡はこちらです。