妻の検診にて朝イチから福大へ。(No.1520)

妻は退院して以来初めての家からの通院です。

検診のあと主治医の先生からの話があるとのことで、付き添いました。

退院後初の色々とある検診中は暇だろうから、福大病院地下のスタバで本を読もうかな〜と想像していたのですが、

妻の横で様々な検診場所へ行くのが楽しくなり、最後まで同行しました。


途中、

場所を忘れてデート感覚で楽しんでいたのですが、

妻の担当の看護師さんなどにバッタリ会い、我に返ました笑。

そして

恥ずかしながら、、

いや

ダメ親ながら、

娘が同じ病院にいるのを忘れていました泣

娘よすまぬ。

父はこんな人間だ笑。

その後、

主治医の先生まで時間があり、飲食スペースで軽食を楽しんだりとまったり時間を楽しんでおりました。

主治医の先生の話も、先週ほどの怖さはなく、夫婦2人の心が晴れるものでありました^ ^

受験勉強時の進路指導の先生の話。

夏休み前の担任の先生の話。

これらの真面目な脅し話は、本来届いて欲しい不真面目な子には届かず、真面目な子に余計に届いてしまう。

今日はそんなのを思った1日でありました。


その後はマナビバで月曜日の指導。

バタバタな始まりでしたが、無事でいることの喜びに比べたら大したことないものです。

今日も生徒それぞれ良い学びをしておりました^ ^

【塾長今日のひと言】

私大入試、コロナ禍で地元志向(河合塾動向調査)

河合塾が8月に実施し、全国約36万人が参加したマークシート式模擬試験(全統共通テスト模試)に伴う志望動向調査を分析した。


 それによると、各地区の受験生が志望する私立大の所在地区別に見た場合、地元の大学を志望した割合は北海道62%▽東北38%▽北陸32%▽東海68%▽中四国42%▽九州65%-。いずれの地区も前年から2ポイント上昇した。

一方、関東を志望した割合は北海道30%▽東北54%▽北陸31%▽東海20%▽中四国18%▽九州20%-で、北陸は1ポイント減、他地区はそれぞれ2ポイント減だった。

進路選択でどうするか?

安易に地元校ばかりで良いのか?

また東京進出が良いのか?

よく考えないといけない受験年になりそうです。

『行きたい大学・学部合格への』

合格距離を昨日よりも縮める

大学合格サポート塾マナビバ福岡はこちらです。