【歴史の勉強法】(No.1940)


歴史は事実だけを知るのではなくて

そうなった原因を知る。

ルーツを知ることが大事なポイントです。

戦後、

キューバ危機で一触即発状態だった米ソが

急に緊張緩和となったのは

核戦争を避けることもありますが

それだけでなくて

1960年代

米ソ両国とも問題を抱えていたからです。

アメリカは

・ベトナム戦争の大誤算

・日本や西側諸国の経済活性化によるアメリカ経済の優位性の損失

ソ連は

・西側諸国との経済格差

・中ソ対立

という問題を抱えており

その中で

米ソの緊張緩和は避けては通れないものだったのです。

このように原因からルーツを知ると

時系列とともに

内容においての暗記精度を上げていきます。

歴史の点数を上げるために

原因

ルーツの探索は必須で行きましょう!


新動画

米ソ・ヨーロッパの緊張緩和


出来上がりました^^

最新記事

すべて表示

【慶應合格よっしゃ!】コロナの影響で例年よりも 少ない受験生1人だけ志望の慶應受験でしたが 見事 総合政策学部の合格を勝ち取りました! ラスト1か月は 英語の出来の不安定さに嘆く日々でしたが そんな不安を抱えつつも 悲願達成にお見事です! どう出来たか?など 今年1年指導を受けての感想は 後日教室に来た時にでも じっくりと聞いて こちらで公表します。

ロシアのプーチンが ウクライナに侵攻した。 これは 冗談ではなく 本当に深刻な話。 ソ連が崩壊した後のロシアを牽引してきたプーチンにとって、 ここで退くというのが、1番にないのだろう。 このウクライナ侵攻の落とし所はどこだ? NATOの撤退か? それとプーチンの退場か? どこよりも攻めた情報が知れる アルジャジーラのニュースから 目が離せない。