【小論文】慶應看護医療(2017)(No.1804)


【慶應小論文オンライン添削サポートコースのお知らせ】

マナビバ福岡では

慶應合格に向けた小論文をオンラインにて添削サポートしています。

□ 慶應小論文の勉強法についてどうやればいいか分からない。

□ 小論文の書き方など基本から分かりたい。

□ 確実な方法で得意になりたい。

そんな生徒におススメの内容です。

1日3名限定の少人数制のオンライン添削サポートです。

ひとり最高2回まで無料で添削サポートします。

気になる方はこちら(マナビバ福岡慶應小論文オンライン添削サポートコース)


こんにちは。

あまちゃん先生です。

今回は

慶應義塾大学看護医療学部の小論文。

こちらの2017年の解説をさせていただきます。

【問題全体として】

坂本多加雄著『新しい福沢諭吉』からの抜粋による慶應義塾創設者 福沢諭吉に関する問題。

「多事多論」にいて本文をもとに200字以内で説明する問題。

そして

福沢諭吉がなぜ「惑溺(わくでき)」を批判したのか、本文をもとに500字以内で論じる問題です。

【合格点を獲るためには】

課題文の読解力

課題文に対しての背景知識発想力必須となります。

【設問1の解説】

《ざっくり言うとこういう問題》

課題文の内容より、

多事多論について200字以内で説明するもの。

まずは模範解答です。


《問題の解き方》

①お題に対する答えを課題文の中から拾い出す。

②拾い出した答えを指定された文字数に合わせて整理する。

この2点を守るだけでクリアです。

では具体的にどう解いていくかというと、

「異端妄説」について述べられている箇所より、多事多論について書かれているものを拾い出すと

・福沢は、そうした心構えが共有された状態を「自由の気風」と呼び、そうした気風のなかから、様々な「異端妄説」が出現して、互いに競い合う有様を「多事多論」という言葉で呼びました。

と書かれています。

あとは国語の現代文を解くときと同じように、

・そうした心構えの“そうした”(指示語)が何を示しているか?

(=世間一般の人々の間で、こうした「異端妄説」を進んで唱道することをよしとするような心構え)

この指示語の内容を書き足して、

(このままだと指定の200字には足りない文字数となりますので)

「多事多論」についての説明箇所