【小論文】慶應文(2019)(No.1807)

【慶應小論文オンライン添削サポートコースのお知らせ】


マナビバ福岡では

慶應合格に向けた小論文をオンラインにて添削サポートしています。

□ 慶應小論文の勉強法についてどうやればいいか分からない。

□ 小論文の書き方など基本から分かりたい。

□ 確実な方法で得意になりたい。

そんな生徒におススメの内容です。

1日3名限定の少人数制のオンライン添削サポートです。

ひとり最高2回まで無料で添削サポートします。

気になる方はこちら(マナビバ福岡慶應小論文オンライン添削サポートコース)へ


こんにちは。

あまちゃん先生です。

今回は

慶應義塾大学文学部の小論文。

こちらの2019年の解説をさせていただきます。

【問題全体として】

メリトクラシー(能力主義)について、能力とはどう構成されるのかを

学歴主義を例にしながら著者の意見を述べているもの。

設問1では要約

設問2では「能力」について、この文章をふまえて、受験生の考え

を聞いている

【合格点を獲るためには】

課題文の読解力・論点整理力

課題文の文章内容を踏まえての発想力必須となります。

【設問1の解説】

《模範解答》


《問題の解き方》

①この文章で1番言いたい結論を見つける。

②その結論に合わせて、文章内容を整理して指定字数内の答案を完成させる。

この2点を守るだけでクリアです。

では具体的にどう解いていくかというと、

まずは結論を探します。

本文の最後の方を読むと



ここを結論だと捉えることができます。

あとはここの結論に合わせて、







これまでの流れをまとめればOKです。

今回ですと

序盤の方を引用して

探した結論と合わせればOKです。

それ以降の内容は導き出した結論の内容と同じことなので、そこからは回答材料としては

取っていません。

【解き方のアドバイス】

要約問題で大事なのは結論を最初に見つけ出すことです。

そして見つけ出した結論に対して、答えを完成させることです。

【設問2以降の詳しい解説は】


この動画で詳しく整理することが出来ます。

この文章をふまえてと言っているので

この文章をふまえなければなりません。

この文章では「能力」をどう言っているのか?

この解説とともにお伝えしています。

『行きたい大学・学部合格への』

合格距離を昨日よりも縮めよう!

大学合格サポート塾マナビバ福岡はこちらです。

最新記事

すべて表示

【慶應合格よっしゃ!】コロナの影響で例年よりも 少ない受験生1人だけ志望の慶應受験でしたが 見事 総合政策学部の合格を勝ち取りました! ラスト1か月は 英語の出来の不安定さに嘆く日々でしたが そんな不安を抱えつつも 悲願達成にお見事です! どう出来たか?など 今年1年指導を受けての感想は 後日教室に来た時にでも じっくりと聞いて こちらで公表します。

ロシアのプーチンが ウクライナに侵攻した。 これは 冗談ではなく 本当に深刻な話。 ソ連が崩壊した後のロシアを牽引してきたプーチンにとって、 ここで退くというのが、1番にないのだろう。 このウクライナ侵攻の落とし所はどこだ? NATOの撤退か? それとプーチンの退場か? どこよりも攻めた情報が知れる アルジャジーラのニュースから 目が離せない。