top of page

【古文】大鏡:弓争い・競べ弓(No.1846)


こんにちは。



今回は




【古文】大鏡:弓争い・競べ弓について


本文の訳と重要な文法と単語についてお伝えさせて頂きます。



【今回の登場人物はこちら】





道長は長男ではなく、家督を譲り受けるには難しい立ち位置でした。



しかし



今回のお話に出てくる関白:隆家の死。そして道兼の死。



兄の重なる死があり、家督を譲り受けます。



また



一条天皇の妻争いに対しても



娘の彰子を嫁がせることにも成功し、



時代の長となるのです。



【今回の古文は敬語表現の見極めが大事】



誰の誰に対する敬語表現なのか?


ここの見極めが大事です。



(基本)


地の文は、作者からになります。



会話文は、会話を発した人物からになります。



(尊敬語と謙譲語の見極め方は)


尊敬語は、誰がしているか で見極める。



この行為は誰がしているのか?


これで見極めましょう!



謙譲語は、誰に対してやっているか で見極める。



その行為は誰に対して行われているのかで見極めましょう!





【詳しい解説は】


この動画で詳しく整理することが出来ます。






古文はボク自身超がつくほど苦手でしたので



古文が嫌になる気持ちはわかります。




好きな飲み物を1杯飲みながらなど


気分楽にクリアしていきましょう!





『行きたい大学・学部合格への』

合格距離を昨日よりも縮めよう!

大学合格サポート塾マナビバ福岡はこちらです。

最新記事

すべて表示
bottom of page