【コレイチ世界史!】南アジアの近代化(No.1830)


こんにちは。

あまちゃん先生です。

今回は

【コレイチ世界史!】南アジアの近代化

をお伝えします。


【インドの地方勢力が強くなったことから】

ムガル帝国皇帝のアウラングゼーブが亡くなった後

インドの地方勢力が強くなったのが全ての始まり。

イギリスにつくところ

フランスにつくところが現れ

両者がプラッシーの戦いでぶつかり、

結果

イギリスが勝って

イギリスのインド支配が強大化したのです。

【これまでインド支配をしていた東インド会社は】

インドを支配していたイギリス東インド会社は

雇っていた傭兵(シパーヒー)が反乱を起こしたことで

解散となりました。

東インド会社支配のなくなったインドを

イギリスが直接支配していく。

今回はこんなお話です。

【今回のお話の詳しい流れは】

こちら


こちらの動画でどうぞ^^

今回ご紹介した内容の詳細を

お伝えします。

【講義資料】


南アジアの植民地
.pdf
Download PDF • 870KB


『行きたい大学・学部合格への』

合格距離を昨日よりも縮めよう!

大学合格サポート塾マナビバ福岡はこちらです。


最新記事

すべて表示

【慶應合格よっしゃ!】コロナの影響で例年よりも 少ない受験生1人だけ志望の慶應受験でしたが 見事 総合政策学部の合格を勝ち取りました! ラスト1か月は 英語の出来の不安定さに嘆く日々でしたが そんな不安を抱えつつも 悲願達成にお見事です! どう出来たか?など 今年1年指導を受けての感想は 後日教室に来た時にでも じっくりと聞いて こちらで公表します。

ロシアのプーチンが ウクライナに侵攻した。 これは 冗談ではなく 本当に深刻な話。 ソ連が崩壊した後のロシアを牽引してきたプーチンにとって、 ここで退くというのが、1番にないのだろう。 このウクライナ侵攻の落とし所はどこだ? NATOの撤退か? それとプーチンの退場か? どこよりも攻めた情報が知れる アルジャジーラのニュースから 目が離せない。