【コレイチ世界史!】ヨーロッパ諸国の海外進出(No.1784)

更新日:7月15日



こんにちは。

あまちゃん先生です。

今回は

ヨーロッパ諸国の海外進出。

16世紀のポルトガル・スペイン

17世紀のオランダ・スペイン・フランスが

どう海外に進出していったのか?

これについてお伝えさせていただきます。

【まず大事なことは】

16世紀はポルトガル・スペイン

17世紀はオランダ・スペイン・フランス

の時代だということです。

この時代背景をまず整理しましょう!

【16世紀の動きはどうだっかというと】



このようにポルトガルとスペインが海外進出します。

ポルトガルにおいては

インド航路を獲得し、アジアへと貿易拠点を拡げていく。

スペインにおいては

フィリピンを獲得し、

フィリピンの首都マニラと

メキシコのアカプルコとで

アカプルコ貿易を行い、銀貿易で栄えます。

【17世紀の動きはどうだったかというと】



このようにオランダ・イギリス・スペインが海外進出します。

最初はオランダが勢いをつけるのですが

イギリス=オランダ戦争後はイギリスが優位に。

フランスもイギリスとの度重なる戦争

・スペイン継承戦争

・七年戦争(フレンチ=インディアン戦争・プラッシーの戦い)

こちらでイギリスに敗れ

イギリスが覇権を取ります。

【この時のアメリカ大陸ではどうなったのか】

続きは


こちらの動画でご確認できます。

【講義資料】


17〜18世紀のヨーロッパ文化と社会
.pdf
Download PDF • 2.39MB


【おススメ教材はこちら】

青木の世界史(実況中継)②


詳説世界史ノート



『行きたい大学・学部合格への』

合格距離を昨日よりも縮めよう!

大学合格サポート塾マナビバ福岡はこちらです。

最新記事

すべて表示

【大きな差】(No1924)

【大きな差】 生きていく上で 何かを知っている・知っていないとでは 結果が大きく変わることがあります。 その中で やればやっていくうちに慣れて そして やっていくうちに見えた改良をして やり続ける中で 当初予定もしていなかった大変化が起きる。 そして この大変化が人生を大きく変えるものだったりする。 これを知っている・知っていないとでは 人生での結果は大きく変わるのかと思います。 受験勉強も同じ。

【コロナもですが】(No1923)

急な寒さ 冬が本格的に始まってきたようです。 コロナもですが それ以上に 体調からの気分の落ち込みにはお気をつけてください。 本番まであと少し 共に戦っていきましょう!