【コレイチ世界史!】イギリス産業革命。(No.1791)





こんにちは。

あまちゃん先生です。

今回は

イギリス産業革命

なぜイギリスがどこよりも先に産業革命を迎えたのか?

そして

産業革命時に発明された機械などの

産業革命の流れをお伝えさせていただきます。

【イギリスがどこよりも先に産業革命を迎えた理由】

その答えとして

石炭や鉄などの豊富な資源があったから

では物足りない答案になってしまいます。

石炭や鉄などの豊富な資源があるのは

イギリスだけではないからです。

イギリスがどこよりも先に産業革命を迎えた理由は

①資本の蓄積

②経済活動の自由

③労働者の創出

この3点が理由です。

【資本の蓄積とは】

イギリスは毛織物業よりその儲けから資本を蓄積していました。

この場合の資本とは

儲けたお金であったり

また

これから売れば儲けられるモノを指します。

また

スペイン・オランダ・フランスとの海外進出競争で勝ち

商業覇権を奪っていたため

資本を蓄積していました。

豊富な資源があったため、機械を開発、購入できたわけです。

【その他の理由と産業革命の細かな流れについては】

こちら




こちらで詳しく確認することが出来ます。

お好きな飲み物を一杯飲みながらなど

気楽にどうぞ^^

【講義資料】

マインドマップ(PDF)

産業革命
.pdf
Download PDF • 1.01MB

【おススメ教材はこちら】

青木の世界史(実況中継)②

https://amzn.to/3wMIovz

詳説世界史ノート

https://amzn.to/2R1uZjG

『行きたい大学・学部合格への』

合格距離を昨日よりも縮めよう!

大学合格サポート塾マナビバ福岡はこちらです。

最新記事

すべて表示

【慶應合格よっしゃ!】コロナの影響で例年よりも 少ない受験生1人だけ志望の慶應受験でしたが 見事 総合政策学部の合格を勝ち取りました! ラスト1か月は 英語の出来の不安定さに嘆く日々でしたが そんな不安を抱えつつも 悲願達成にお見事です! どう出来たか?など 今年1年指導を受けての感想は 後日教室に来た時にでも じっくりと聞いて こちらで公表します。

ロシアのプーチンが ウクライナに侵攻した。 これは 冗談ではなく 本当に深刻な話。 ソ連が崩壊した後のロシアを牽引してきたプーチンにとって、 ここで退くというのが、1番にないのだろう。 このウクライナ侵攻の落とし所はどこだ? NATOの撤退か? それとプーチンの退場か? どこよりも攻めた情報が知れる アルジャジーラのニュースから 目が離せない。