【コレイチ世界史!】アメリカ独立革命。(No.1797)



こんにちは。

あまちゃん先生です。

今回は

アメリカ独立革命

アメリカがイギリスからどのように独立していったのか?

その流れをお伝えします。

【アメリカ北部と南部】

アメリカ北部と南部。

と聞いて

特に南部はブラジルまで行くの?など勝手な発想してしまいがちですが

(アメリカ南部を初めて聞いた高1のボクはそう勘違いをしておりました。)

南部はこちらの地図の


ヴァージニア州より南を指します。

北部と南部の統治体制は

北部はタウンミーティングと言って直接民主制をとっており、

南部はカウンティ制と言って間接民主制をとっておりました。

この違いは南部には広大な平原が多数あり、一箇所に集まるのが困難だったことから

間接民主制のカウンティ制となっています。

【イギリスと先住民がぶつかった理由は?】

それはイギリスの植民地支配のやり方にありました。

フランスは交易型と言って、毛皮などの流通で終えていたのですが、

イギリスは定住型と言って、アメリカへ家族単位で住み着いたのです。

見ず知らずのイギリス人が勝手にやって住み着いた。

それは怒るでしょ?

ということから

イギリスと先住民がぶつかったのです。

この戦いが

フレンチ=インディアン戦争です。

インディアン=先住民です。

【その他のアメリカ独立革命の細かな流れについては】

こちら


こちらで詳しく確認することが出来ます。

お好きな飲み物を一杯飲みながらなど

気楽にどうぞ^^

【講義資料】

マインドマップ(PDF)


アメリカ独立革命
.pdf
Download PDF • 1.26MB

【おススメ教材はこちら】

青木の世界史(実況中継)③

https://amzn.to/3kYiiD1

詳説世界史ノート

https://amzn.to/2R1uZjG

『行きたい大学・学部合格への』

合格距離を昨日よりも縮めよう!

大学合格サポート塾マナビバ福岡はこちらです。

最新記事

すべて表示

【慶應合格よっしゃ!】コロナの影響で例年よりも 少ない受験生1人だけ志望の慶應受験でしたが 見事 総合政策学部の合格を勝ち取りました! ラスト1か月は 英語の出来の不安定さに嘆く日々でしたが そんな不安を抱えつつも 悲願達成にお見事です! どう出来たか?など 今年1年指導を受けての感想は 後日教室に来た時にでも じっくりと聞いて こちらで公表します。

ロシアのプーチンが ウクライナに侵攻した。 これは 冗談ではなく 本当に深刻な話。 ソ連が崩壊した後のロシアを牽引してきたプーチンにとって、 ここで退くというのが、1番にないのだろう。 このウクライナ侵攻の落とし所はどこだ? NATOの撤退か? それとプーチンの退場か? どこよりも攻めた情報が知れる アルジャジーラのニュースから 目が離せない。