top of page

【【古文】更級日記:門出・あこがれ・東路の道の果て】(No.1860)


こんにちは。



今回は




【【古文】更級日記:門出・あこがれ・東路の道の果て】について


本文の訳と重要な文法と単語についてお伝えさせて頂きます。



【作者、菅原孝標女(むすめ)の面白さ】



現在の千葉県である上総国で育った作者。


姉や継母(ままはは)とは違い、


都(京都)での生活に記憶が曖昧で


都で知る『源氏物語』など流行っている物語を知らない。



そんな彼女は


姉や継母が思い出しては話す『源氏物語』を読みたい


早く京に上って読みたい!



その想いが




等身大の薬師仏建立まで行き



毎日の懇願の結果



13にして京都に行くのです。



今回はこんなストーリーです。




【訳と文法表現・敬語表現の詳しい解説は】






この動画で詳しく整理することが出来ます。




『行きたい大学・学部合格への』

合格距離を昨日よりも縮めよう!

大学合格サポート塾マナビバ福岡はこちらです。

最新記事

すべて表示
bottom of page